なるべく肌に負担がかからない化粧品を求めて 試行錯誤しています。アトピーさん、敏感肌さん、乾燥肌さん向けコスメを試してみた口コミや感想、効果をレポート中。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
敏感肌さんやアトピーさんの中には
整髪料が合わなくて困っている人も少なくないと思います。


ヘアスタイルは整えたいけど、整髪料を付けると
頭皮や髪の毛が当たる部分がかゆくなったり
ちくちくしたりすること、ありますよね。


できれば何も付けないで済めばいちばんいいのですが、
髪型によってはちょっとワックスとかでおさえたり
軽く流したりしたい場合もあると思います。


そのへんのドラッグストアにはなかなか売ってないのですが、
安心成分のヘアワックスもありますよ。


スウィーツソーパー ナチュラルヘアワックス  は、
天然成分100%。

【スウィーツソーパーナチュラルヘアワックス全成分】
ローズマリー葉水、ホホバ種子油、キャンデリラロウ、ミツロウ、ローズマリーエキス、レウコノストック/ダイコン根発酵液、ゼラニウム油、ティーツリー油、ユーカリ油、ローズウッド油、ミツロウ脂肪酸ナトリウム、トコフェロール(ビタミンE)


すべてのアトピーさんに合うとは限りませんが、
市販のヘアワックスは刺激が強くてダメ・・・という人は
一度ぜひ試してみてください。
小さいおためし用もありますよ!↓↓↓
 【トライアル】スウィーツソーパー ナチュラルヘアワックス お試し 3g


ワックスまで行かなくても、
ちょっとアホ毛を抑えられれば・・・という程度なら、
ロクシタンのシアバター や 
ナイアードのアルガンクリーム もかなり使えます!





付けすぎると油っぽくベッタリしてしまうので、
使う量には気をつけてくださいね。


さらに、美容師さんに教えてもらった裏技!


使い慣れているハンドクリームを、手のひらに伸ばして
アホ毛を押さえるように髪に馴染ませる
のもOK!

P1010710.jpg

これなら手軽にできるし、
自分の肌に合うものを使えるから安心ですね♪
私は最近めっきりこの方法ばかりです。
そのぶん、ハンドクリームの減りが早い^^;

アホ毛
アホ毛2

でも、頭のてっぺんのアホ毛くらいはホントにこれで
きれいにおさまってくれるし、
肌に付いても刺激はないし、石けんシャンプーで問題なく落ちるし
すごく助かっています。


教えてくれた美容師のM川さんに感謝♪




 
関連記事
スポンサーサイト

 

 

 

 
玄米と野菜中心のバランスの取れた食事が
アトピーさんにとって理想的な食事だといわれています。


ぜひ、旬の野菜を食べましょう!!!


「旬」とは野菜にとって
「最も生育条件に合った環境で育ち、最も成熟している時期」なんです。
つまり、もっとも自然な状態ですくすくと育った野菜は、
味がおいしいのはもちろんのこと、
栄養分も1年で最も高い状態なんですよ。


例えば、ほうれん草は冬が旬の野菜ですが、
ほうれん草は冬の寒さの中でじっくりと太陽光線を浴びて、
じっくりと光合成を行っています。
そうしてゆっくりと栄養分を蓄えているのです。
ところが、今では夏でもスーパーに行けば
ほうれん草を買うことができますが
夏のほうれん草は、暑さのために水分どんどん吸収し
サッサと成長してしまいます。
本来の状態よりスピードアップして育ったほうれん草は
「栄養分」や「味わい」が大きく違ってきます。
旬のほうれん草と季節外れのほうれん草の栄養価は
2倍以上の違いがあるのだそうです。


ということは、旬の野菜は季節外れの野菜と比べて
同じ量を食べたとしても栄養価がタップリ!
なんです。


また、旬の食べ物は栄養価が高いだけでなく、
免疫力や治癒力を高める健康に良いものがたくさん含まれています。
冬のものは体を温める効果があり、
春のものは解毒作用や体調を整える働きをし、、
夏のものは体の熱を冷まし、
秋のものは寒さに備える…すごくうまく出来ていると思いませんか?
つまり、旬の食べ物はその時期の体が欲する食材
なんですね。
また、もっとも栄養のある状態=味もおいしい!
そして、もっとも自然な状態で育つ=たくさん採れて値段も安い!


私の住んでいるところは結構な田舎で、
近くに野菜の無人販売所がいくつもあります。
(どの程度田舎かというと、
 ここに越してきてからキツネを2回、狸を2回見ました。
 先日はイノシシが出たらしいです。
 時々ふくろうが鳴いているのが聞こえます。
 こんなでも、一応県庁所在市のすみっこなんですよ^^;)
毎日見ているとおもしろいもので、
季節が変わるとどこの販売所でも置いてある野菜がガラリと変わります。
たとえば、今の時期はたけのこ、新たまねぎ、菜の花、ふきなどがいっぱいです。
暑くなればきゅうり、トマト、なす、冬瓜などなど。
秋になったらジャガイモやサツマイモ、きのこ類。
冬にはどこを見ても白菜、大根、かぶ、ほうれん草がいっぱい。
そういった販売所には、冬にトマトが並んだり
夏にほうれん草が並んだりすることはありません。
「今、この時期に採れる物」が安く豊富に出回るんですね。
おいしくて、栄養タップリで、しかも安い。
これを食べない手はありません。


野菜だけではありません。
お魚にも旬がありますね。
鰆やメバルの季節が終わったら鰹や鰯、アジがおいしい季節です。
秋になったら秋刀魚や鮭がたくさん出回りますし
冬にはブリやタラ、カニもおいしいですね!


近年は栽培技術の向上により、旬の食材が分かりにくくなっています。
スーパーに行けば、年中色とりどりの野菜を買うことができます。
冷凍技術や養殖技術も進んで、旬でないお魚も買うこともできます。
でも、本来であればその時期には収穫できないはずのもの
たくさんあることを、忘れていませんか?


食事は、アトピー改善の基本です。
良いといわれているサプリメントを何種類も飲んでも、
どんなに高い化粧品を使っても、
きちんとした食事を取らなければ、お肌を元気にすることはできません。


まずは「旬の食べ物」を食べることから始めてみましょう!


 
関連記事

 

 

 

 

お肌の調子が悪いときは、
もうとにかく刺激がなくて悪化しない化粧品を!!!と思うのですが
ちょっとお肌の調子が良くなると
もっとお肌に栄養を与えるようなものを使いたくなってしまう・・・。


特に、目元の小じわを何とかしたいんですよ!


私も30代半ばを越えまして、
小ジワが気になるお年頃になってまいりました。
個人的には、目尻の小じわは許せる。
目尻のシワは「よく笑う人生」的な愛嬌があって、イイと思う。


でも、目元の小ジワはダメ!
目元にシワが出るとすっごい疲れて見えるやないですかっ。
乾燥?乾燥がいけないの?


というわけで、先日からアンチエイジング系のスキンケアで
アトピーさんでも使えそうなアイテムはないかと
いろいろ調べていたところ、
RERUJU(リルジュ)リカバリィエッセンスという
美容液を見つけました!


RERUJU(リルジュ)リカバリィエッセンスは、
今リピートを考えているブルークレール化粧品にも配合されていた
ノーベル賞受賞成分「EGF」「IGF」の美容液。


洗顔後一番最初につけるタイプで、
リルジュをつけてからいつもどおり化粧水や保湿をすればいいらしい。
そうすると、化粧水の浸透が違うんだって。


おためしサイズの7日分実感トライアルが
通常2100円のところ今だけ1050円と半額になってるとか
もう試さずにはいられないじゃないですか!


というわけでポチります♪


▼RERUJU(リルジュ)リカバリィエッセンス公式サイトはこちら▼
「補う」ではなく「生み出す」へ…。
アンチエイジング美容液RERUJUリルジュ 





 
関連記事

 

 

 

 
石けん洗濯から脱落し、合成洗剤に戻ろうにも
やっぱり肌への刺激が強くて戻れなくなってしまった私。


とりあえず石けん洗濯に一時戻りつつ、
いろいろな口コミやアトピー仲間の情報から
これはいいんじゃないか・・・?とたどり着いたのがこちら。



ヤシノミ洗剤やアラウで有名なサラヤの 
ヤシノミ洗濯パウダーNEO。

【ヤシノミ洗濯パウダーneoの全成分】
洗浄助剤(ソホロリピッド)、炭酸ナトリウム、
クエン酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)


炭酸ナトリウムといえば、
石けん洗濯のアルカリ剤としてもおなじみだった炭酸塩(炭酸ソーダ)のこと。
クエン酸ナトリウムは、
ナチュラル掃除や石けんシャンプー用のリンスに使うクエン酸。
炭酸水素ナトリウムは重曹のこと。


となると、一番最初の「洗浄助剤(ソホロリピッド)」とは???
「おもな原料はパーム油と糖分。これらに酵母を加え発酵させた後
 精製することで、洗浄成分「ソホロリピッド」ができあがります。」
というのが、サラヤの解説ですが、イマイチよく分かりません(汗)。



こんなさらっとした
白い粉状です。
合成洗剤と見た目は
よく似てるかも。

とりあえず使ってみると、泡立ちはぜんぜんなくて
本当に汚れが落ちるのか?と不安になったのですが、
掻き壊して服に付いてしまった血液汚れも含め
キッチリ落ちてくれていました!
そして、合成洗剤で洗った衣服を着たときのような刺激もなし。
あくまでも私の体感では、肌への刺激はとても少ないと思います。
激しい泥汚れや油汚れ、
コッテリ付いたワセリンにも効果があるかどうかは分かりませんが、
大人が普通に暮らして出る程度の汚れは
問題なく落ちています。

もしかして、目に見えない汚れの残り等で
長い時間が経つと黄ばみなどが出る可能性はあるかもしれないけど、
それは石けん洗濯でも合成洗剤でも同じことですもんね。


合成洗剤を止めたいけど
石けん洗濯はハードルが高い・・・

という人は、一度試してみてもよいかもしれません。


ヤシノミ洗たくパウダーネオ激安価格で買うならこちら → いるカフェ
ココでケース買いがたぶん最安値です♪


 
関連記事

 

 

 

 
お肌が敏感なアトピーさんには、
衣類に残った洗濯洗剤すら肌への刺激になってしまいます。

お肌に優しい、という観点でもっともオススメなのは、
洗濯用石けんでの洗濯なのですが、
石けん洗濯は(慣れてしまえば大したことないけれど)手間がかかります。
(石けん洗濯の詳しい解説はこちら)


かく言う私も、7年くらいの間はがんばったものの、
3年ほど前についに石けん洗濯から脱落してしまいました。


石けんで洗濯をすると、かつて合成洗剤を使っていたころに比べて
やっぱり皮膚への刺激が少ないという実感があったので
がんばって長いこと続けていたのですが、
どうしても石けんの溶け残りが衣類に残ってしまうことがあったり
アルカリ剤に粉石けんに泡足し用の液体石けんに…とコスト面でも馬鹿にならず
さらに今の住まいに引っ越してからは水の質が変わったせいか
以前より泡を保つことが難しくなってしまい
(アルカリ剤・石けんをたくさん使わないと泡が立たなくなってしまった)
もうやめよう・・・と思ったのです。


ちょうどそのころ、「すすぎ1回でOK!」という合成洗剤が出回り始め
試しに使ってみることにしました。
昔 普通に合成洗剤を使っていたときには気づかなかったけど、
石けん洗濯から合成洗剤に戻ってみると
すすぎを2回、3回しても、
布に洗剤が残っている感じがしました。

当然のようにアトピーも悪化。
仕方なく合成洗剤に戻ることも断念。


そこで、もう1度石けん洗濯に戻りつつ、
お肌にやさしい洗濯洗剤をいろいろ探して見つけたのが・・・。


長くなるので次に続く^^


 
関連記事

 

 

 

 

アロマテラピーを勉強している友人に教えてもらった
アトピーさん向けのアロマ軟膏の作り方を
ご紹介したいと思います!


【準備するもの】
・白色ワセリン(またはヴァセリン)
・お好みのアロマオイル
 (アトピー向けの精油はこちら)
・小さなクリーム容器



作り方はとっても簡単!
ワセリン10gに対し、アロマオイルを2~3滴加えて
清潔な棒などでよく混ぜれば出来上がり!


ワセリンではコッテリしすぎて逆にかゆみが強くなりそうな場合は
代わりにホホバオイル10mlにアロマオイルを3~4滴。
使用するアロマオイルは、1種類でももちろんいいし
お肌の状態に合わせてラベンダー&ゼラニウム や
ティートリー&ブラックスプルースなど2~3種類を組み合わせてもOK。


ただし、アトピーさんの体質は人それぞれ。
さらに、そのときの皮膚の状態によっても合う合わないが出てきます。
必ずパッチテストはしてくださいね。


また、ひどい掻き傷やただれのある場合や細菌感染が起こっている場合も
自己流でアロマ軟膏を使用すると
さらに悪化させてしまう恐れ
があるので要注意。
そういう時期の使用は避けてください。
激しく悪化しているときは、「何にも塗らない」のも大切な治療
だということを、忘れないでくださいね!



 
関連記事

 

 

 

 
だんだん暖かくなってくると
軽減してくる手荒れ


それでも、毎日食器を洗ったり洗濯物を干したり
何かと刺激を受けることが多く、
常に外にさらされている手のお手入れは
季節を問わず欠かせません。


ハンドクリームも、安心して使える成分良好なものを
使いたいですよね!


私がここ数年愛用しているのは、
太陽油脂のパックスナチュロン ハンドクリーム
そしてやっぱり頼れるヴァセリンです。

P1010712.jpg

基本的には、パックスナチュロンをメインに使っています。

【パックスナチュロンハンドクリーム 全成分】
水、グリセリン、カリ石ケン素地、ホホバ油、スクワラン、ハイブリッドヒマワリ油
(ヒマワリ油(2))、キダチアロエエキス-2、トコフェロール(天然ビタミンE)、
ヒノキチオール、エタノール

●合成界面活性剤、合成防腐剤等の化学物質を使用しない、
 石けんで乳化した手肌によくなじむハンドクリームです。
●手肌のうるおいを保つアロエエキス、オリーブスクワラン配合。
●無香料、無着色です。
●手やひざ、全身のうるおいを保ちます。

とウラに書いてありました。


パックスナチュロンのハンドクリームは成分が良好な上に
伸びがよくて、サラっとしているのに保湿力が高い。
べたつきも少なくてとても使いやすいので気に入っています。


ヴァセリンはちょっとでも付けすぎると
べたべたしてしまうで、あまり好きではないのですが、
肌荒れのひどいときには頼りになる存在です。
ヴァセリンで、好みのアロマ軟膏を作るのも楽しい♪
アロマ軟膏をよーく手にすり込んで、
手袋をして眠るとガサガサがだいぶましになったりします。


アロマ軟膏の作り方は次にご紹介しますね!




 
関連記事

 

 

 

 
合わない口紅を使うと、唇の皮が剥けたりしませんか?
私の場合、大手化粧品メーカーさんの口紅
外国の化粧品メーカーさんの口紅はほぼダメです。
中には、唇の皮はむけないものの
使うと必ず口唇ヘルペスが出てしまう口紅も・・・(´;ω;`)
メイクアップ化粧品の中でも、口紅選びは非常に難しいです。


そんな私が今使っているのはこれ。



ドラッグストアやスーパーでも扱っている
「ちふれ」の口紅です。
ほんとは、口紅ケースに入れて使うべきものらしいのですが
そのまま使っていますw
315円という手ごろなお値段なので、
失敗してもいいやー!と思って購入してみたところ、
意外にも皮むけしなかったのでもう1本購入しました。


まだこれがベストの口紅!とまではいかないので、
ほかにも良さそうなものがあったら使ってみたいです。


どなたか「これオススメ!」があったら教えてください。


※ その後こんなのを見つけました!!かなりイイです♪
   ⇒UNE(ユヌ)の口紅を衝動買い


 
関連記事

 

 

 

 
私は処方されたことないのですけども、
別の皮膚科に通っているアトピー仲間が「亜鉛」を処方されているそうです。


亜鉛新しい皮膚の生成や免疫強化などに必要なミネラルとして
アトピーさんに勧められることが多いようです。
血中の亜鉛値を調べると、
健康な人よりもアトピーさんの場合亜鉛値が低い事が多いんだとか。


亜鉛を多く含む食べ物は
牡蠣やカニ、肉類、玄米、ナッツ類、卵など。
アレルギーでこれらの食品を食べることが出来ない人は
サプリメントを上手に利用するのもいいかもしれませんね。
上に挙げた中だと、玄米以外は
アトピーさんが食べ過ぎるとよろしくないものが多いし^^;


ただし、亜鉛を摂りすぎると
吐き気がしたり貧血になることもあるそうなので要注意です!
(どんなサプリメントでも過剰摂取は危険ですよ!)


○○を摂るといい、とはいっても
○○だけを摂っていれば治る、というような
アトピーは単純なものではありません。

何事も、ほどほどに^^


 
関連記事

 

 

 

 

市販のクレンジングオイルには
合成界面活性剤が含まれているものがほとんどですが、
ブルークレール化粧品のトライアルセットに入っていた
ローズクレンジング&マッサージオイル は
合成界面活性剤無添加でした!



【ローズクレンジング&マッサージオイル 全成分】
オリーブ油、スクワラン、ホホバ油、ローズヒップ油、アボカド油、ヒマワリ種子油、コメヌカ油、ブドウ種子油、ローズ油、トコフェロール


原材料を見ると、本当にオイル類とビタミンEだけのオイルです。
名前のとおり、薔薇の香りがふわっと香ります。

ローズクレンジング&マッサージオイルは、合成界面活性剤はじめ化学剤を一切使用しておらず、水になじみませんので、オイルをお肌に優しくなじませメイクを浮かせた後、ふき取り専用スポンジやタオルなどを水で濡らししぼり、優しくお拭きとりください。
クレンジング後は、ティートリーモイストソープなどで洗顔してください。
また、無添加で栄養を豊富に含んだ天然のオイルですので、全身のマッサージオイルとしてもご使用いただけます。

オリーブオイルクレンジング と同じで、
メイクを油で浮かして落とす、ということみたいですね。
もともと、アトピーのせいでがっつりメイクはできないので
あまり落としにくいメイクではないけれど、問題なく落とすことができました。


無添加化粧品をうたっていても実はそうでもない化粧品が多い中で
ブルークレール化粧品は本当に
徹底的に無添加にこだわっている模様。

クレンジングやUVクリームでもここまで安全なものって
そうはないと思います。


クレンジングはオリーブオイルでもいいや・・・と思ってしまうので
たぶんリピートはしないけど、
ほかの物(特にUVクリーム)は欲しいなぁ。


ブルークレールのトライアル、全体評価でかなり自分ランキング上位です!
(でもやっぱあのポーチはいらんかったけど・・・)


ブルークレール化粧品の公式サイトはこちら
ブルークレールEGF化粧品



 
関連記事

 

 

 

 
メイクをしたら、クレンジングも必須になってきますよね。
でも、市販のクレンジング剤は合成界面活性剤を含むものがほとんどです。
できるだけ、石けんだけでも落とせるようなメイクを
心がけてはいるものの、目元とかはどうしても石けんだけではちょっと心配。


そこで、岡江美希さん考案のオリーブオイルクレンジング
実践しています!
もともとががっつりメイクではないせいもあってか、
きちんと落とせていますよー。


【用意するもの】
・オリーブオイル(食用または日本薬局方)
・コットンパフ
・ハンドタオル
・電子レンジ


1)まず、ハンドタオルを濡らして電子レンジに入れ、
  あたため1分にセットしておきます。
  コットンを3~4枚水で軽く濡らしておきます。

2)ヘアーバンドをして、オリーブオイルをメイクとなじませます。
  だいたい小さじ1~2くらい。強くこすらず、くるくる馴染ませること。

3)電子レンジのスイッチを入れてタオルを温めている間に
  濡らしたコットンでやさしくオリーブオイルをふき取ります。
  3~4枚で足らなかったらコットン追加。

4)蒸しタオルで顔をやさしく拭いてべたつきをスッキリさせたら完了!


大事なポイントは
・強くこすらない(オイルを馴染ませるときもふき取るときも)
・蒸しタオルでふき取り
    です。
蒸しタオルが熱すぎると、顔への刺激が強くなってしまうので要注意。


オリーブオイルが合わない人もいるので、
まずはパッチテストをしてからトライしてみてください。
簡単に試せるので、ぜひおためしあれ~♪


 
関連記事

 

 

 

 
日本人に不足しがちなカルシウム
できるだけカルシウムが豊富といわれている小魚や海藻類、
小松菜などの野菜を摂るように心がけているけれど
日本の土壌中に含まれるカルシウムが少ないこともあって、
どうしても摂取量が追いつかないんだそうです。


かといって、牛乳やヨーグルトを常食するのは
アトピーさんの胃腸(と肌)には負担が大きいですよね。

(アトピーさんの中には平気な方もいらっしゃるとは思いますが)


そこで、風化貝カルシウムの粉末を試してみることにしました。

風化貝カルシウム

風化貝カルシウムとは、北海道の八雲地方で産出される
約2000万年前のカミオニシキ貝の貝殻化石を主原料にしたカルシウム
コレステロールに善玉、悪玉と呼ばれるものがあるように、
カルシウムにも善玉、悪玉があり、
善玉カルシウムというのは小魚や海草、野菜など
自然の動植物に含まれるもので
この風化貝カルシウムも善玉のカルシウムです、と袋には書いてあります。

うーん、よく分かるような分からんような。
でも、今売られているカルシウムサプリメントの多くが
吸収率を高めてあるために逆に血液中のカルシウム濃度が高くなりすぎて
骨に蓄えることなく排出してしまう、というのを聞いて
やっぱりなるべく自然な形で摂ったほうがいいんだろうなぁと思っていたので
小魚や海草や野菜と同じカルシウムだというのは、いいかも。

こんなに細かい粉状で
ちょっと舐めてみても
何の味もしません。
1日の目安が約2gとのこと。
オブラートに包んで飲んだり
ジュースなどに混ぜてもよし。
ごはんを炊くときに入れたり
スープに入れたりしても
よいそうです。

実際ごはんに混ぜて炊いてみると
よく混ぜなかったせいか、
炊き上がりに一部粉っぽい部分が
できてしまったんだけど
蒸らすときによく混ぜておいたら分からなくなって、
食べても味も変わらず粉っぽさなどもなく
普通のごはんと変わらない感じ
でした。


牛乳が合わない人やサプリメントを飲むのをいやがる子供には
こういうもので足りないカルシウムを補うのもよいかも?


これはしばらく続けて様子を見てみようと思います。



 
関連記事

 

 

 

 

アトピーの改善のためには、腸内環境改善が必須!


というわけで、病気にならない生き方 の著者、
新谷弘実博士開発 新谷乳酸菌「ラクトパチルス」を試してみました。
新谷博士といえば、内視鏡での大腸ポリープ手術を世界で初めて成功した
胃腸の専門家です。
その胃腸の専門家が開発したという乳酸菌サプリメント
以前から興味があったんですよね。

新谷乳酸菌

【新谷乳酸菌 原材料】
難消化性デキストリン、アップル果汁末、イソマルトオリゴ糖、マンゴー果汁末、ドロマイト、大豆発酵乳酸菌エキス、サイリウム種皮、イヌリン、有胞子性乳酸菌、アップルファイバー、キトサン(カニ、エビ由来)、寒天、環状オリゴ糖、クエン酸、香料、VC、甘味料(ステビア)、ナイアシン、VE、パントテン酸、VB2、VB1、VA、葉酸、VD、VB12


おためし用のこの箱には2.5gの個包装になったものが15本入っています。

個包装になっていると持ち歩きには便利ですよね。

1日1~2包を目安に、とのことなので、
1日1包なら15日分。

さらっとしたパウダー状で
甘酸っぱい味がついています。
なんだろう・・・りんごっぽい味?
甘酸っぱい感じの
粉ラムネみたいな感じだから、
子供でも飲めそうです。


さて、肝心の効き目のほうは
正直言ってよく分からなかった(汗)。
いや、このサプリメントが良くない、という意味ではなくて
ここのところ私ずっとほぼ毎日ちゃんとお通じがあって、
これを飲んでいる間も同じようなペースでお通じがきてたので
イマイチこれそのものの効果はよく分からないんです・・・。


でも、飲みやすさとブランド力(胃腸の専門家開発)は
とてもいいと思うので、
これから腸内環境改善を始めてみよう!という人
初めて乳酸菌サプリメントを飲んでみようかな、という人
おためしとしてまず2週間試してみるには
手軽でいいんじゃないかな?と思います。
送料無料で1000円なところも嬉しいポイント^^。


▼公式サイトはこちら▼
新谷弘実博士開発 新谷乳酸菌「ラクトパチルス」




 
関連記事

 

 

 

 
アトピーの不安定な肌で
スキンケア化粧品に気を使うのはもちろんのこと
メイクアップ化粧品もかなり使える・使えないが分かれます。


どんなファンデーション使ってますか?とご質問をいただいたので
今日はファンデーションについて。
私が今使っているのは、
24hコスメの 24h スティックカバーファンデーション です。

24hスティックカバーファンデーション

【24h スティックカバーファンデーション全成分】
メドウフォーム油、ホホバ種子油、カカオ脂、ヒマシ油、キャンデリラロウ、カルナウバロウ、ツバキ油、シャクヤクエキス、ショウブ根エキス、ボタンエキス、アロエベラ液汁末、サンゴ末、トコフェロール、水、エタノール(+/-)酸化チタン、マイカ、酸化鉄、水酸化Al


24hファンデーションは、
うっかりメイクしたまま寝ちゃってもOK!というくらい
お肌に優しいというのを聞いて使ってみたところ
ほんとに肌への負担が少なかったので、今現在2本目のリピートです。
まぁ、落とさず寝るってのはさすがに無理かと思うんですが(笑)
でもほんとに「塗ってる」圧迫感は少ないかな。


公式サイトでは、肌に直接塗って指で伸ばす・・・と書いてあったけど
寒い時期や肌が乾燥している時期にそれをやると
ものすごいコッテリと付いてしまいます。
なんていうか、クレヨンみたいな感じ・・・。
なので、私は手のひらにオイルを1滴たらして、
それをほんの少し24hファンデにつけて手のひらで伸ばしてから
顔に付けています。
そうすると、マットになりすぎず
よく伸びてうるおい感もアップ。

ただし、このやり方は油分過多になりがちなので
脂性肌さんや夏場には要注意かもしれません。
(ただでさえ油分コッテリな配合だし・・・)


で、仕上げにシルクパウダーと珊瑚パウダーを混ぜたものを
ブラシでふわっとはたいて終了。
以前は24hコスメのフェイスパウダーを使ってたんだけど
シルクパウダーとかでも全然OK。



シルクパウダーと珊瑚パウダーは、
手作り化粧品材料 マンデイムーンさんで購入しています。
(そのほか、オイル類やフローラルウォーターなどもいろいろあって便利♪)


夏に向けて、パウダリータイプの24hファンデーションも
使ってみたいと思っています。


▼24hコスメ公式サイトはこちら▼
天然ミネラルに天然保湿成分をプラス!メイクしながらスキンケア!「24h cosme」



 
関連記事

 

 

 

 

アトピーさんによい油、よくない油【1】の続きです。
具体的に、どんな油がよいのか・よくないのかを見ていきましょう。


リノール酸(オメガ6)が多い油=アトピーに良くない油
べに花油(サフラワー油)
ひまわり油(サンフラワー油)
コーン油
サラダ油
大豆油
ごま油
 などです。
(今ここでは、リノール酸を悪者扱いしていますが、
 リノール酸は体になくてはならない「必須脂肪酸」です。
 ただし、「油」として摂取しなくても通常の食事で十分とれるので
 わざわざ摂取しなくても心配いりません。)


αリノレン酸(オメガ3)が多い油=アトピーにいい油
しそ油
えごま油
亜麻仁油(フラックスシードオイル)
菜種油(キャノーラ油)
など。
これらを積極的に摂りたいところですが、
非常に酸化しやすい性質をもっているため、
調理油(炒め油・揚げ油)としては使えません。
できれば、小さいビンで購入し(酸化を防ぐため)
冷蔵庫に保存し(酸化を防ぐため)
自家製ドレッシングなどにして摂取することが理想的。
また、魚の油(脂肪分)も、αリノレン酸系(DHA、EPA)です。
αリノレン酸は、海藻類や野菜、果物にも含まれています。
つまり、アトピーさんに理想的な「野菜と魚中心の食生活」
にすることで、αリノレン酸の割合を増やすことができる

ということですね!


さて、サラダ油やごま油を避けたほうがいいなら、
炒め物や揚げ物はどうしたらいいの?と思いますよね。


もうひとつの脂肪酸、オレイン酸(オメガ9)
酸化しにくく、アトピーを促進も抑制もさせない中立の立場?の油です。
オレイン酸を多く含む油といえば、オリーブオイル
普段使う油はオリーブオイルにしてみましょう。
ただし、オリーブオイルでも摂りすぎは禁物。
揚げ物、天ぷらなどは控え、油はなるべく少なめに使うことが大切です。


まずは、おうちの油を見直してみましょう。
市販のマヨネーズやドレッシングも、ほとんどのものが
リノール酸(オメガ6系)の油がベースになっています。
できるだけ使わないほうがよいですね。
できれば、オメガ3系のしそ油や亜麻仁油(あまに油)で
マヨネーズ、ドレッシングを手作りしてみましょう!


そして、外食やスーパーのお惣菜、
スナック菓子などの油にも注意が必要
です。
リノール酸(オメガ6系)の油がたくさん使われていることが想像されますね。
たまに、ならよいけれど、
毎日のように摂るのはアトピーの症状に良くないです。
どうしても外食等が必要な場合は、
なるべく揚げ物や油っこいメニューを避けるのもひとつの手です。


・普段使う油をオリーブオイルに変える
・ドレッシングやマヨネーズを手作りにして、しそ油等を使う
・野菜・魚中心の献立にする
・できるだけ外食を避ける

これだけ守れば、よくない油の摂取量が減って
アトピーに良い油の摂取が多くなります♪


まずはひとつずつ始めてみましょう!


 
関連記事

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 アトピー・敏感肌でも使える!無添加・ナチュラルコスメ探し, all rights reserved.
まとめ

HANAオーガニックムーンナイトミルク HANAオーガニック ムーンナイトミルク

肌の自己再生力と常在菌バランスを整えてくれる国産オーガニックコスメ。 そのコンセプトと圧倒的な薔薇の香りがたまらない、マイ殿堂入りコスメです。

>>ムーンナイトミルクの感想・口コミはこちら

数量限定1000円モニター募集中!

琉白 美容液 琉白 シークワーサーブライトニングエッセンス(美容液)

シークワーサーの抗酸化作用が頼もしい!美白とエイジングケア、保湿といいことづくめの美容液。いつものお手入れにプラスワンするだけでお肌の調子が上向きに♡

>>琉白 シークワーサー美容液の感想・口コミはこちら

サジージュース フィネスの豊潤沙棘ジュース

高い抗酸化力と200種類以上の栄養素が<アトピー改善と健康の底力に!美肌作用だけじゃなく、サジーを飲み始めてから風邪を引くことが圧倒的に少なくなりました!

>>サジージュースの感想・口コミはこちら

ヒアルロン美潤 ヒアルロン美潤

ヒアルロン酸複合体サプリメント、ヒアルロン美潤。美肌にいいのはもちろんのこと、飲み始めて2ヶ月でアトピーの症状に顕著な改善が見られたという実験結果も出ています。手放せないサプリです。

>>ヒアルロン美潤の詳細・感想はこちら


このブログの更新情報をお届け中。
時々気まぐれにつぶやいてます。

ヒツジ

Author:ヒツジ
「シロ」改め「ヒツジ」でございます。

子供のころからアトピー、
20代半ばに脱ステロイド。
現在30代半ば。
食事&生活改善でアトピーを
コントロールできるように
なりました。が、時々ハメを
外して悪化することも(汗)。
それでもステロイドに頼らず
普通にお化粧をして普通に
暮らせるようになりました。

かなりユルい玄米(菜)食、
1日2食(朝食抜き)実行中。
(体の求めに従ったら
 自然とそうなってきました)

夫とふたり暮らし(+犬)。
趣味は保存食作り、読書、
お買い物、散歩、
何にもしないをすること。

⇒ はじめましての方へ

⇒ メールはこちらから

コスメ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。