なるべく肌に負担がかからない化粧品を求めて 試行錯誤しています。アトピーさん、敏感肌さん、乾燥肌さん向けコスメを試してみた口コミや感想、効果をレポート中。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

「合成界面活性剤」はできるだけ避けたいものですが、
最近では日用品や化粧品など身の回りのものの多くに含まれています。
成分を見ても「合成界面活性剤」と書いてあるわけではないので
(食器洗剤とかお掃除洗剤とかには書いてあるかな?)
科学的な長いカタカナの羅列の名前を見て判断するのは
普通の消費者にはなかなか難しいです。


近年、「石油系合成界面活性剤不使用!」と謳った化粧品を
多く見かけるようになりました。
そういう化粧品なら安心ですね、といいたいところですが
必ずしもそうではありません。
石油系合成界面活性剤は添加していない代わりに、
植物由来の合成界面活性剤を使用しているものもたくさんあります。


石油系なら危険で、植物性なら安全かと思いがちですが、
植物性の合成界面活性剤のほうが「乳化力」は弱いと言われているものの
石油由来だろうが植物由来だろうが、
「合成界面活性剤」としての性質には何ら変わりはありません。


それなら、植物性でもなんでも合成界面活性剤の入っているものは
避けられるだけ避ければいいのね!ということですが、
これはどこまで自分が気にするか、どこで線引きをするか
という問題になってくると思います。


乳液やクリームなど、油と水が混ぜ合わさっている化粧品は
このふたつが分離しないように「乳化」されています。
「乳化」しなければ、あのとろりとした形状は保たれず
油と水に分離してしまいます。
これを繋いでいるのが界面活性剤なのです。
界面活性剤を徹底的に避けるとなると、
クリームや乳液は使ってはいけない
ということになってしまいます。
中には、天然の界面活性剤であるレシチンや
界面活性作用のある「石けん」を乳化剤として作ったものもありますが
そういう化粧品は種類がごくごく限られていること
また「レシチン」や「石けん」は乳化力が弱いので
その作用を強めるために高濃度で添加されていたら
いくら天然のものでも害になりかねない
ということも考えなければいけません。


私個人の考えとしては、「乳化」のみを目的に
ごく微量の界面活性剤を使用してあるものであれば
許容範囲
ではないか、と考えています。
多くのナチュラルコスメ・オーガニックコスメのメーカーは
乳化のみを目的として肌への負担のない範囲で
界面活性剤を利用して、使い勝手のよい化粧品を製造しています。
一方で、一部のメーカーでは無添加・ナチュラルを謳いながらも
じつは合成界面活性剤で肌バリアを破壊し、水分で肌をふくらませ
合成ポリマーでフタをして、あたかも肌が潤ったように見せかける化粧品も
存在しているそうです。
このあたりの見極めは、まだまだ日々勉強中。
アトピー・敏感肌から美肌になれるよう、
さらに勉強&いろいろな化粧品をおためししていきたいと思います!



 
スポンサーサイト

 

 

 

 
合成界面活性剤の毒性や害について
本を読んだりネットで調べたりするといろいろ出てきます。
どうも、肌や人体にあまりよろしくないらしい。
でも科学も化学もまったくダメな私には
正直なところ、それらの情報が本当なのかどうかよくわかりません。


でも、実感として分かることがあります。


合成食器洗剤を使って素手で食器を洗う
手が荒れます

合成シャンプーで髪を洗う
顔や首のアトピーが悪化します

合成ボディーソープで体を洗う
乾燥がすさまじくなります

合成洗剤で洗濯をする
干すときの洗剤の残ってる感じが気持ち悪いです
 さらに合成洗剤で洗ったものを着るとチクチクします


合成界面活性剤入りのスキンケア用品を使う
最初はいいかな?と思っても、すぐ合わなくなります。


もうこれだけで、
「合成界面活性剤は避けよう」と思うのに
十分な理由付けになります。

…どんだけ弱っちい皮膚なのかと情けなくもなりますが(汗)。


あくまでも、これは私の体感的な感想であって、
アトピーさんでもこんなふうに感じない方もいらっしゃると思います。
合成界面活性剤の入っているものは今身の回りにたくさんあって、
すべてを避けるのは難しいかもしれません。
便利なものが多いから、手放しにくいかもしれません。


でも、アトピーでない健康な肌をもつ人でも、合成洗剤で手が荒れたり
ボディーシャンプーや洗顔料で皮脂が取れすぎて
肌がつっぱったり乾燥したりしますよね。


アトピーさんの場合は、
普通の人より肌のバリア機能が弱いもの。
もし今 合成界面活性剤の刺激を感じていなくても、
いつまでも治らない皮膚の状態に
もしかしたら何らかの影響を与えているかもしれない
、と
少し疑ってみてください。



 

 

 

 

 
よく聞く「合成界面活性剤」とは何でしょうか?
アトピーやお肌にはよくないもの、と言われていますが、
いったい何がよくないのでしょうか?


そもそも、界面活性剤とはなんでしょう?
界面活性剤とは簡単に言うと水と油を乳化させるものです。
乳化=混ぜ合わせるということですね。
食べ終わった後の食器についた油汚れを水だけで洗うのは大変ですが、
洗剤を使う事によって、きれいに落とす事が出来ます。
これは「水と油を溶け合わせる」という界面活性剤の性質を利用したものです。


食器洗剤だけではなく、いわゆる「石けん」でも油汚れは落ちますよね。
実は、石けんも界面活性剤なんです。
界面活性剤のうち、脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムを「石けん」と呼び、
それ以外を「合成界面活性剤」と呼びます

 
特に合成界面活性剤の危険性が話題になるのはなぜでしょうか。


合成界面活性剤の怖さ
・毒性が高い
・浸透性が高い
・残留性が高い
という3つの性質にあるようです。


まず毒性
合成界面活性剤には、「たんぱく質を変性させる」毒性があります。
つまり、人間にとってなにがよくないかというと、
皮膚を保護している皮脂膜を溶かしてしまうんですね。  
油汚れを落とす=皮脂膜の皮脂を溶かすのも当然、でしょうか。
皮脂膜が壊れてしまった皮膚は、水分を保持することができなくなるので、
肌荒れや肌トラブルにつながる、というわけです。
毎日食器を洗って手荒れがひどくなる、というのもよくわかりますね。


次に、浸透性
ウサギを使った動物実験では、
毛を剃ったウサギの皮膚に合成界面活性剤の塗布すると、
そのうち約0.53%が血液に吸収されたという結果が出たそうです。
人間の皮膚は、皮脂膜によって有害な物質から保護されていますが、
合成界面活性剤は皮脂膜を壊し、さらに角質層などのバリアも破って
体内に進入してしまいます。


そして、残留性
食器洗剤だけでなく、掃除用洗剤、洗濯洗剤など、
非常に多くの合成界面活性剤が含まれています。
普通の洗濯洗剤で衣類を洗うとき、
洗剤が残っている、と感じたことはありませんか?
手触りでわからなくても、衣類から刺激を感じることはありませんか?
合成界面活性剤は残留性が非常に高く、
除去する事が難しい
のだそうです。
衣類や食器に残った合成界面活性剤が、再び人間の体に接して毒性を発揮することも。


長くなったので(2)に続きます。

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 アトピー・敏感肌でも使える!無添加・ナチュラルコスメ探し, all rights reserved.
まとめ

HANAオーガニックムーンナイトミルク HANAオーガニック ムーンナイトミルク

肌の自己再生力と常在菌バランスを整えてくれる国産オーガニックコスメ。 そのコンセプトと圧倒的な薔薇の香りがたまらない、マイ殿堂入りコスメです。

>>ムーンナイトミルクの感想・口コミはこちら

数量限定1000円モニター募集中!

琉白 美容液 琉白 シークワーサーブライトニングエッセンス(美容液)

シークワーサーの抗酸化作用が頼もしい!美白とエイジングケア、保湿といいことづくめの美容液。いつものお手入れにプラスワンするだけでお肌の調子が上向きに♡

>>琉白 シークワーサー美容液の感想・口コミはこちら

サジージュース フィネスの豊潤沙棘ジュース

高い抗酸化力と200種類以上の栄養素が<アトピー改善と健康の底力に!美肌作用だけじゃなく、サジーを飲み始めてから風邪を引くことが圧倒的に少なくなりました!

>>サジージュースの感想・口コミはこちら

ヒアルロン美潤 ヒアルロン美潤

ヒアルロン酸複合体サプリメント、ヒアルロン美潤。美肌にいいのはもちろんのこと、飲み始めて2ヶ月でアトピーの症状に顕著な改善が見られたという実験結果も出ています。手放せないサプリです。

>>ヒアルロン美潤の詳細・感想はこちら


このブログの更新情報をお届け中。
時々気まぐれにつぶやいてます。

ヒツジ

Author:ヒツジ
「シロ」改め「ヒツジ」でございます。

子供のころからアトピー、
20代半ばに脱ステロイド。
現在30代半ば。
食事&生活改善でアトピーを
コントロールできるように
なりました。が、時々ハメを
外して悪化することも(汗)。
それでもステロイドに頼らず
普通にお化粧をして普通に
暮らせるようになりました。

かなりユルい玄米(菜)食、
1日2食(朝食抜き)実行中。
(体の求めに従ったら
 自然とそうなってきました)

夫とふたり暮らし(+犬)。
趣味は保存食作り、読書、
お買い物、散歩、
何にもしないをすること。

⇒ はじめましての方へ

⇒ メールはこちらから

アトピーについて(26)
アトピー改善と食事(36)
ゆる玄米菜食のススメ(21)
「冷え」とアトピーの関係(11)
アトピーの状態(写真)(1)
アトピーさんの入浴法(16)
アトピーと指圧(ツボ)(6)
アトピーとあせも(3)
腸内環境改善作戦(6)
根治のための体質改善(4)
悪徳アトピー商法に引っかからないために(2)
扁桃腺炎体験談(2)
合成界面活性剤について(3)
カラダにいい飲み物(8)
青汁いろいろ(3)
サプリメント(アトピー向け)(16)
サプリメントいろいろ(8)
スキンケア用品いろいろ(67)
メイクアップ化粧品いろいろ(16)
スキンケア・コスメ考察(18)
お肌に優しいファンデ(7)
お肌に優しい石けん(12)
お肌にやさしい洗濯洗剤(6)
コラーゲンゼリー 比較(4)
iHerb 個人輸入(0)
自分のこと・つぶやき(5)
リンク集(その他 未分類)(2)
ブランド・メーカー別(149)
アムリターラ 日焼け止め(3)
うるおい宣言 コラーゲンゼリー(2)
青じゅるオールインワンゲル(3)
オラクル化粧品(13)
華密恋(かみつれん)(5)
酵素MAKER(2)
みんなの肌潤糖(奇跡の肌砂糖)(6)
サジージュース(豊潤沙棘)(9)
豆腐の盛田屋(豆乳シルクスキンケア)(5)
サラヴィオ美容液(サラビオ)(3)
シムシムセサミスカルプケア(2)
テラクオーレ(20)
HANAオーガニック(26)
HARUGARI(ハルガリ)(5)
ふとん ダニクリーナー(1)
フルッタフルッタ アサイー(5)
ファンケル 発芽米(2)
ブルークレール(7)
Bonarina(ボナリナ)(1)
メディプラスゲル(3)
もずの魔法(9)
RERUJU(リルジュ)(4)
ルアンルアン 生石けん(4)
Yogi Tea(ヨギティー)(9)
ビーグレン(サイエンスコスメ)(4)
ビーグレン リンク集(0)
ニューピュアフコイダン(5)
ムカデに噛まれたら(1)
バリア機能強化(セラミド)(4)
薬疹(4)
Larネオナチュラル(2)
琉白(るはく)(2)
ニールズヤードレメディーズ(1)
ロベクチン(1)

コスメ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。